交通事故の後遺症(訪問マッサージの症例ページ)

2021/12/31 (更新日:2022/06/16)

交通事故の後遺症(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

交通事故の後遺症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【交通事故の後遺症】参考文章(1,338文字)

  • 当施設では、交通事故の後遺症で悩んでいる方に訪問リハビリ・マッサージを行い、症状を緩和しています。交通事故後から、頭痛で悩み困っていた方の、症状が緩和できるようになっています。訪問リハビリ・マッサージをご家族に勧めてみましょう。

交通事故の後遺症は様々な症状が出現し、つらい状態が続きます。身体的にも精神的にもケアが必要な症状です。

交通事故の後遺症とは、事故による怪我などで治療を行うも、半年以上も症状が改善されないことをいいます。

後遺症の症状は様々あり、次のようなことが挙げられます。

・頭痛
・腰痛
・吐き気
・倦怠感
・めまい
・耳鳴り
・ふらつき
・眼精疲労
・首の痛み
・握力低下
・手足のしびれ
・上肢の知覚障害

症状は、個人差があるのが特徴です。交通事故後から長期に渡り症状が続き、先の見えない状態に苦しんでいる方がいます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

どうして交通事故の後遺症になるの?

交通事故の強い衝撃による損傷で、後遺症が残ることがあります。次のような疾患などが原因で、後遺症が起きやすくなります。

・頚椎症
・頚部挫傷
・外傷性頚部症候群
・バレリュー症候群
・頚椎椎間板ヘルニア
・頸椎捻挫(むち打ち症)
・脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

交通事故による後遺症で多くみられるのが、頸椎捻挫です。いわゆる「むち打ち症」のことをいいます。

後方車からの追突により首を損傷し、むち打ち症になるケースがみられます。

交通事故の後遺症が悪化するとどうなるの?

発症しやすいのが、精神障害です。うつ病と心的外傷後ストレス障害(PTSD)が心配されます。

交通事故は、身体の損傷だけでなく、精神的にもショックを受けます。身体症状に対する治療をするも改善がみられない不安などから、うつ病になることもあります。

交通事故の様子が映像のよみがえり、精神的に不安定になることを心的外傷後ストレス障害(PTSD)といいます。

精神障害は専門医のもと、適切な治療が必要となります。その前に、交通事故の後遺症の治療の長期化を防ぐことが大切です。

症状を緩和するためには?

原因となる疾患や症状に対する対処が必要となります。次のようなことをすると、症状が緩和しやすくなります。一般的な対処法について、お話します。

  • 薬物療法:外用薬、鎮痛剤や漢方薬の内服、痛みの部分への注射
    運動療法:リハビリテーション、マッサージ、筋力トレーニング
    理学療法:温熱、電気、牽引、装具の治療

交通事故で損傷を受けた部位に対する治療となります。患者様の症状に合わせた治療を行うことで、症状の緩和につながりやすいです。

快適な生活を送るために

当施設では、交通事故の後遺症で悩んでいる患者様の症状を緩和した実績があります。

首から肩の痛みで困っていた患者様の症状が和らぎました。
つらい症状が緩和し、気持ちも楽になったと言われました。

交通事故の後遺症でお悩みやお困りの時は、当施設へご相談ください。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 交通事故の後遺症(訪問マッサージの症例ページ)