神経痛(訪問マッサージの症例ページ)

2022/01/03 (更新日:2022/06/16)

神経痛(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

神経痛ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【神経痛】参考文章(1,331文字)

  • 当施設では、神経痛で悩んでいる方に訪問リハビリ・マッサージを行い、症状を緩和しています。下半身全体のしびれで困っていた方の症状が和らぎ、安眠へと導くようになりました。訪問リハビリ・マッサージをご家族に勧めてみましょう。

神経痛は、突然発症し激しい痛みを伴うので、患者様も混乱することがあります。症状に対して、正しい対処をすると緩和しやすいです。

神経痛とは症状のひとつで、激しい痛みやしびれなどが出現します。末梢神経の神経叢に沿って、症状が出現します。

神経痛は「症候性神経痛」「突発性神経痛」の2種類です。

症候性神経痛は、原因が明確です。次の3つに分かれます。

三叉神経痛:目の奥や周り、額、頬など、左右どちらかに症状が出現しやすい
肋間神経痛:背中から胸にかけて、左右どちらかに症状が出現する
坐骨神経痛:お尻から足先まで症状が出現する

突発性神経痛は、原因不明の神経痛のことをいいます。

激しい痛みやしびれなどの症状で、苦しむ方が多くみられます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

どうして神経痛になるの?

神経痛の原因は、次の2種類に分かれます。

症候性神経痛

原因となる疾患から、神経痛を引き起こしています。

三叉神経痛:脳腫瘍や脳動脈瘤によるもの、自律神経の乱れ、稀に原因不明
肋間神経痛:帯状疱疹ウイルスやその他のウイルス感染、事故による骨折、からだのゆがみ
坐骨神経痛:腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症

突発性神経痛

原因が分からない神経痛です。検査や診察で痛みの原因を調べるも分からない神経痛です。
要因として、冷えやストレスが挙げられています。

神経痛が悪化するとどうなるの?

発症しやすいのは「うつ病」です。

神経痛による痛みやしびれなどの症状の持続が、不安やストレスからうつ病へと引き起こします。痛みが半年以上続くと、約80%の方がうつ病を発症するデーターも実証されています。

神経痛の症状を緩和し、うつ病を予防しましょう。

症状を緩和するためには?

神経痛の症状を緩和する方法は、次のようなことが挙げられます。

薬物療法:鎮痛薬、筋弛緩薬、抗けいれん薬、ビタミン剤など
神経ブロック:痛みの部位に麻酔薬を注入し、痛みを抑える治療
鍼灸治療:鍼やお灸で身体を刺激し、症状を緩和
手術:坐骨神経痛:を伴う疾患は、手術の適応になる場合がある

日々の生活の中では、次のようなことに気をつけましょう。

  • ・ストレスをためない
    ・重い荷物は持たない
    ・痛みがあるときは、安静にする
    ・寒さは症状が悪化するので、身体を温める
    ・刺激の強い飲酒、喫煙、コーヒー、香辛料などは控える

快適な生活を送るために

当施設では、神経痛で悩んでいる患者様の症状を緩和した実績があります。

背中の痛みやしびれで眠れなかった患者様の症状を緩和しました。
「訪問マッサージの利用をして良かった」と感謝の言葉を頂きました。

神経痛でお悩みやお困りの時は、当施設へご相談ください。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 神経痛(訪問マッサージの症例ページ)