腰痛症(訪問マッサージの症例ページ)

2022/01/02 (更新日:2022/06/16)

腰痛症(訪問マッサージの症例ページ)

サブページ

こんにちは。さこまです。

治療院専門のホームページ制作で
新患50名以上を集めました。

腰痛症ページで使えるサブページの文章参考です。

下記のようなページができますので、
ご参考くださいませ。

【腰痛症】参考文章(1,354文字)

  • 当施設では、腰痛症で悩んでいる方に訪問リハビリ・マッサージを行い、症状を緩和しています。腰の痛みでベッド上での生活が多かった方が、症状の緩和から活動的になりました。訪問リハビリ・マッサージをご家族に勧めてみましょう。

腰痛症は、原因がはっきりと分からず、症状の軽減や緩和する方法に悩む方が多くみられます。

腰痛症とは、様々な理由で腰が痛くなることをいいます。次のような症状が出現しやすいです。

・腰を曲げると痛い
・腰痛と発熱が出る
・腰が重く痛みがある
・突然の激しい腰の痛み
・疲れたときのみ腰が痛む
・腰から足にかけて痛みとしびれ
・安静にしていると楽、逆に安静にしていても痛い

腰痛が起きる原因疾患により、痛み方も異なります。腰痛があると、日常生活にも支障が出るので、悩んでいる方をみかけます。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当施設にご相談ください。

どうして腰痛症になるの?

腰痛症の原因は様々あります。医療機関に受診をし、原因が特定できるのは、約15%といわれています。その他は、原因が分からないので、生活習慣が関与していると考えられます。

腰痛症の原因が特定されている疾患は、次のことが挙げられます。

・骨粗鬆症
・坐骨神経痛
・がんの骨転移
・骨への細菌感染
・腰部脊柱管狭窄
・腰椎椎間板ヘルニア
・その他に内科系や婦人科系の疾患

その他の腰痛症で、腰痛が考えられる原因は、次のことが挙げられます。

  • ・不眠
    ・肥満
    ・冷え性
    ・運動不足
    ・ストレス
    ・長時間の同一体位

腰痛症は、原因に対する対処をすることが大切です。

腰痛症が悪化するとどうなるの?

神経組織を圧迫することによる神経症状の悪化と痛みによる精神症状の出現がしやすいです。

腰部脊柱管狭窄症や腰痛椎間板ヘルニアは、神経症状として下半身のしびれが出ます。さらに進行すると、排尿・排便障害のリスクが高まります。

排尿困難、尿・便失禁、頑固な便秘などが出現し、手術の適応が考えられます。

  • 長期に渡り腰の痛みが出現することで「自律神経失調症」や「うつ病」を引き起こすことがあります。

腰痛に対して適切な対処を行い、悪化を予防しましょう。

症状を緩和するためには?

患者様の状態に合わせた治療を行います。次のような治療法があります。

薬物療法:患者様の痛みに合わせて内服薬の調整をする
神経ブロック療法:神経に麻酔薬を注射して、痛みを抑える
リハビリテーション:運動療法、温熱療法、電気刺激療法
認知行動療法・リエゾン療法:痛みがあるも日常生活はできることを認知していく

腰痛の予防や軽減のために、次のことを行いましょう。

  • ・身体を冷やさない
    ・ストレスをためない
    ・腰周りのストレッチを行う
    ・ぬるま湯に20分程度入浴し、腰部を温める

快適な生活を送るために

当施設では、腰痛症で悩んでいる患者様の症状を緩和した実績があります。

腰の痛みから足のしびれで困っていた患者様の、症状が緩和されるようになりました。
症状の緩和に患者様も喜んでいます。

腰痛症でお悩みやお困りの時は、当施設へご相談ください。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 腰痛症(訪問マッサージの症例ページ)