マーケティング上、第三者の敵は必要か。