マーケティングは「違い」という優位性から「同じ」の共感に

2021/12/20 (更新日:2021/12/20)

マーケティングは「違い」という優位性から「同じ」の共感に

Youtube

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

Youtubeの効果的なマーケティングに変化が!!?

「マーケティングは違いを見つけるから同じを見つける」時代に——博報堂嶋氏やワンメディア明石氏らが議論、効果の高い YouTube 広告とは – Think with Google

上記の記事は、2022年に開催するYoutubeの広告賞で
2021年のイベントで「Youtubeのこれから」を議論した記事です。

記事の中では、Youtube視聴者の
購入したい商品が変わりつつあることが書かれています。

  • 「違い」を求めるマーケティングから「同じ」を求める時代に。

マーケティングといえば、優位性による
違いがあるので集客が成功します。

しかし、Youtubeでは優位であっても
うまくいかないことが多いです。

この変化に対応できた一握りの成功者が
登録者数1万人を超えるYoutuerたちです。

Youtubeの視聴者から動画を通じて、何を求められているのか?

視聴者が何を感じ取って、
何を求めているのか解説します。

マーケティングは「違い」から「同じ」に

当記事でいまのYoutubeがわかります。

Youtubeとは、人気の大会!

世界中からプロもアマも関係なく、
動画で人気を競うことを平等に闘える場所です。

人気には、登録者数、再生回数、グッドの数など、
順位付けがされるからです。

スマホ1つとwifiがあれば、誰でもYoutuberになれます。好きなジャンルに参戦で、誰でも成功できる権利を持っています。視聴者の人数も視聴できる時間も限られています。その時間を奪い合う戦いです。

視聴者の心とトレンドを読んだ人が
いつも1番になることができます。

編集のできるプロより、人気の取れる素人

Youtubeでは、よく無名の素人が
信じられないスピードで成功を収めています。

素人が戦いに参戦できるようになった
という革命があったからです。

テレビ時代では、チャンネル枠が少なかったため、技術を取得したプロしか戦うことが許されませんでした。Youtube時代になり、チャンネルが無限につくれるようになったので、素人が参戦できるようになりました。素人の中には、テレビ時代では埋もれたままの天才が活躍できるようになったのです。

ヒカキンやはじめしゃちょーの誕生となりました。

  • 素人がカメラ1台あれば、手振れとピンボケをしてても日本の視聴率1%を獲得できるようになりました。

動画時代の大変革です。

「違い」から「同じ」に

Youtubeで成功している人たちは、
みんな同じような企画をしていると思いませんか?

それが人気のコツです。

メントスコーラの動画は、すごい数があがってます。有名Youtuberはみんなやっているといっても過言ではありません。笑

求められているのは、まったく違うことではありません。

同じことを違う人がする面白さを求めているのです。

  • 違いという優位性から同じという共感に変わったのです。

好きが同じ人が集まるのです。

勘違いしてはいけない3つの成功法則

同じことをした方が成功するといっても、
全く同じことをしても楽しまれません。

動画を楽しんでもらうために、
オリジナリティを持つためにクリエイティブになるのです。

人気の治療家Youtuberをとことんまねる!

登録者数の多い治療家Youtuberが
やっている
動画は、一通りアップしましょう。

「今からやっても遅いよ。」と思うかもしれませんが、
人気のコンテンツは、再生回数を稼げる可能性が高いからです。

成功しているYoutuberは、成功要素のかたまりです。再生回数の多い、グッドボタンの多い、コメントが多い動画は、マークしましょう。

Youtubeは、Googleが運営しているので、
検索エンジンと同じような仕組みになってます。

ブログでも全く違うことを書いていても上がりません。

他と同じようなことが70~80%書かれて、
オリジナリティあることが3~5%あるぐらいで成功します。

クリエイティビティにマネる!

同じようなことがある中で
オリジナル性を入れるのです。

それがクリエイティブというものです。

イメージは、ジップロックにスマホを入れたら、お風呂で使えるようなイメージです。メントスコーラは、業種が違うのでやる必要はないと思いますが、”何を変えて”(オリジナル性)先生にしかできないことができるでしょうか。

その人にしか思いつかないマネをするのです。

ここが難しいかもしれませんが、
クリエイティビティとはそういうことです。

施術で治し方がわかるように
アイデアが湧くようになります。

重度のYoutube利用者になっておく!

治療家Youtuberの動画を死ぬほど
はまってみるとわかるかもしれません。

市場調査という視点ではなく、
楽しむという観点からみてみるのです。

  • 視聴者になると見たい動画もトレンドもわかります。

失敗するとき、配信者の立ち位置になり、
成功するとき、視聴者の立ち位置になっているからです。

視聴者が楽しめるコンテンツは、視聴者が一番わかるからです。

世の中の治療家Youtuberをみて、「このような人っていないけど、いたら面白いだろうな。」という人になればよいのです。

時代は、そういう人を求めています。

TOP> > マーケティングは「違い」という優位性から「同じ」の共感に