Youtubeのチャンネル登録は少ない方がよい(少数精鋭とはこのこと)

2021/12/08 (更新日:2021/12/08)

Youtubeのチャンネル登録は少ない方がよい(少数精鋭とはこのこと)

Youtube

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

Youtubeのチャンネル登録が少なくて、恥ずかしい。

Youtubeを始める前や始めたばかりの先生は、
このように思われることが多いです。

登録者や再生回数が公開されているので、
ときにはプライドをズタボロにされます。笑

  • 集客できてる治療院は気にしてない!

チャンネル登録が100人でも300人でも
新患が集まってる治療院は気にしてません。

なぜなら、集客できているからです。

実績がある裏付けがあるからでしょう。

質の高い顧客を集めるなら!

チャンネル登録は少ない方がよいのです。

なぜなら、大多数にヒットするということは、
誰にもヒットしていないということだからです。

広くアプローチすればするほど、
確信的なことに目を向ける人が減るからです。

治療院がYoutube集客する上でどうすべきなのか解説します。

Youtubeのチャンネル登録は少ない方がよい

「質の高い顧客を集めたい」ということが
広く浅い戦略と真逆であることをデータで解説します。

Youtube利用率の高いとき

Google日本法人は、日本における
YouTubeの利用実態を調査しました。

「YouTube オーディエンスリサーチ」を実施して、
YouTubeの利用者はどういう人なのか調べたのです。

どのようなときにYoutubeは見られているのか?

【平日】
・夜自宅でくつろいでいるとき:46%
・日中自宅でくつろいでいるとき:27%
・就寝前:33%

【週末】
・夜自宅でくつろいでいるとき:35%
・日中自宅でくつろいでいるとき:51%
・就寝前:31%

平日は、帰宅後のくつろいでいるときで、
休日は、日中の自宅でくつろいでいるときにみられてます。

なぜ、このようなときに利用するのかの理由の調査結果もあります。

何をきっかけにYouTubeを見ているのか?

トップにあがったのは、4つの理由です。

・習慣的な利用:45%
・気になる芸能人や著名人がいたとき:21%
・気になる商品・サービスがあったとき:15%
・事件やニュースがあったとき:11%

また、なぜこのような情報を得るために
Youtubeをみるのかの理由もあります。

YouTubeを利用する理由として最も多いのは?

暇つぶしです。次に娯楽と楽しいからです。

・暇つぶし:34%
・娯楽:32%
・楽しいから:24%

チャンネル登録者を増やす方法は、
暇つぶしとなる娯楽な動画を提供することです。

  • ただ、暇つぶしの動画を提供するとどうなるでしょうか。

客質が落ちます。

改善意欲の低く、お試し的な人が増えるということです。

治療院がアプローチすべき層

暇つぶし層の次に多いのは、情報収集層です。

治療院が集客するために抱えるべき層です。

・自分の趣味に合うコンテンツがあるから:22%
・知りたい情報を探すため:19%
・新しい情報を得るため:16%

一定層、このような真面目な人たちがいます。

このような人々に向けてコンテンツをつくるのです。

登録者は少なくてよい!コアな人たちに刺さるように!!

登録者が300~1000名程度でも十分です!

客質の高く保つためです。

大多数の弊害

チャンネル登録が多くて再生数が多いことは魅力的です。
広告収入や物販は、よい影響があるといえるでしょう。

しかし、1店舗の治療院で施術をするのに、
そんなに人数は必要ないのです。

大多数が気になることは、みんなにとってそんなに重要なことではないのです。トレンドとは、そういうもので人気になって時代をつくった人も消えたときに、消えたことすら気づかれません。大多数に刺さるということは、誰にも刺さっていないということです。

大多数の大規模なビジネスであれば合うでしょう。

しかし、1店舗の治療院で一人一人との関りを大切にするなら、
大多数は、害になることもあるのです。

リピーターや上顧客が予約を取れなかったり、
治療家のモチベダウンです。

少数はいつも本気

Youtube集客で成功を目指すなら、
登録者300~1000名程度がおすすめです。

多くても3000~5000名で十分です。

少数の登録者は、Youtuberの先生が自分自身に向き合ってくれている感覚を覚えます。1対1の関係です。登録者が増えすぎれば、その感覚は消え、自分を大多数の一人と思います。そうなったときに、ユーザー側が対応を変えるのです。

同じことを言っても人数が少ないから刺さるのです。

また、少数に刺さるメッセージは、
そのコミュニティを結束させます。

地域の店舗の1つとして、
ネットでも大きくする必要はないのです。

チャンネル登録者は少ない方がよい

おすすめは、質の高い顧客を集めるために
チャンネル登録者数は少なく少数精鋭にすることです。

どちらにしろ、みれる人数は限られています。
それなら、量より質を取るためによい人を集めることに徹するのです。

面白半分でみる人は、チャンネル登録者数の多い治療家のところに行ってもらい、真面目な話やノウハウを提供し、本気で改善したい人を集めるのです。Youtubeのような娯楽のところで、真面目はよくないといわれがちですが、解説した通り、16%は新しい情報を探してます。その人以外は顧客対象ではないだけです。

チャンネル登録者数も再生数も
徐々に増えればよいのです。

  • みんなに見える結果がすべてではありません。

集客できれば、勝ちなのです。

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > Youtubeのチャンネル登録は少ない方がよい(少数精鋭とはこのこと)