Youtubeはテレワークで肩こり解消が人気!「#家で一緒にやってみよう」

2021/12/18 (更新日:2021/12/18)

Youtubeはテレワークで肩こり解消が人気!「#家で一緒にやってみよう」

Youtube

こんにちは。さこまです。

顧客の成果です。

  • ・月間で新規50名以上集客
    ・過去最高の売上になった
    ・市内No.1の知名度を得た
    ・検索順位で1位になれた
    ・SEOで集客が長期間継続

※詳しくは、成功事例をご覧ください。

テレワークで自宅でできる肩こり解消系の動画が大人気に。

コロナウィルスがまん延した2020年から
テレワークのキーワード検索が一気に伸びました。

ただ、テレワーク検索は上がったのは
一時でそれから落ち着きをみせています。

  • コロナが落ち着き始めた今、在宅系の需要は?

変わらず需要は伸びつづけます。

パソコン、スマホの普及に比例して、
肩こり、腰痛が増えます。

テレワークで在宅勤務者が増えることから
肩こり、腰痛は増えていくでしょう。

「#家で一緒にやってみよう」

Youtubeで人気をみせた自分でできる系です。

すごい視聴回数をたたき出してます。

肩こり解消で40万回です。

再生回数を増やすという視点で
どのような動画が人気なのか解説します。

Youtubeはテレワークで肩こり解消が人気!

アフターコロナの在宅系動画の行方は?

コロナでテレワークが活発に

日本では、2020年3月から広がりをみせた
コロナをきっかけにテレワークが導入されました。

それをきっかけにYoutubeがすごい伸びをみせました。

そのときに伸びをみせたキーワードが「#家で一緒にやってみよう:Youtube」です。フリーランサーや個人事業主が在宅ワークのポイントを解説した動画がみられるキーワードです。

テレワークでYouTube検索キーワードは変化しました。

Youtubeのトレンドは、在宅で健康的な過ごし方や
生産性を上げるのに役立つ系となったのです。

肩こりの視聴回数がやばい!

Youtube動画で肩こりや腰痛解消系は、
数万、数十万再生から数百万に伸びました。

慣れない家での仕事で身体に
症状を抱える人がふえたからでしょう。

【肩こりの再生回数】
1位308万回
2位58万回
3位304万回
5位163万回
6位419万回

  • 【肩こり解消の再生回数】
    1位58万回
    2位308万回
    3位419万回
    5位138万回
    6位151万回

肩こりの検索ページトップでは、
低くても50万再生です。

家から出ることができないので
セルフケアが流行っていることがわかります。

Youtubeは実践系キーワード

Google検索とYoutube検索にも変化がありました。

下記、2つを見比べるとYoutubeは実践系です。

【Google検索トップ10】
肩こり
肩こり 頭痛
肩こり解消
肩こり ストレッチ
肩こり マッサージ
肩こり ネックレス
肩こり 薬
肩こり解消グッズ
肩こり 原因
肩こり マッサージ機

  • 【Youtubeの検索トップキーワード】
    肩こり
    肩こり ヨガ
    肩こり マッサージ
    肩こり ストレッチ
    肩こり 頭痛
    肩こり 整体
    肩こり 頭痛ストレッチ
    肩こり フォームローラー
    肩こり 筋トレ

Youtubeをみながら、ヨガやマッサージ、
ストレッチをやるために上位となってます

Google検索では、解消するための場所を探し、
Youtube検索では、自分で手軽に解消する方法を探すようです。

テレワークから人気のある動画とは

再生回数が多い動画の傾向をご紹介します。

スキマ時間のストレッチ

5分、10分の休憩、はたまた1分で
運動不足が解消するストレッチです。

通勤がなくなり、家から出ないため、楽に運動不足を
解消や症状改善できることが求められてます。

  • 楽で簡単でお金のかからないのに、すぐに効果があること!

これは、究極の法則です。

実際には、そんなことはないことはみんなわかってます。笑

タイトルとサムネでは、これらを意識しましょう。
また、肩、腰、目、倦怠感はキーワードとしてよいです。

「#家で一緒にやってみよう」のストレッチ編

Youtubeの「#家で一緒にやってみよう」には、
ストレッチ編が存在します。

これも人気のコンテンツの1つなので、
動画には、「#家で一緒にやってみよう」をつけましょう。

「#家で一緒にやってみよう」ストレッチ編

テレワークで困ること

慣れない在宅ワークで困ることを
動画で解決策を教えてあげるのです。

1年、2年経っても、新規テレワーカーがいるからです。

  • ・正しい椅子の座り方
    ・目の疲れを吹っ飛ばす
    ・太らないトレーニング

ここに絞って動画を出すことはよい方法です。

参考:テレワークを YouTube で「#家で一緒にやってみよう」──作り置きレシピに育児との両立、肩こりも解消!?

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > Youtubeはテレワークで肩こり解消が人気!「#家で一緒にやってみよう」